グルジア料理 アジャプサンダリ と 画家 ニコ・ピロスマニ

f0318154_13405679.jpg

きょうもまたグルジア料理のご紹介から。

前回の"ロビオ" と同じくザクロとキンザ(コリアンダー)を使ったお料理で、
ニンニクとトマトとハーブを胡桃ソースであえて茄子でくるくるまいた前菜。

グルジア料理の野菜の前菜には茄子が欠かせないのだそうです。
ちょっと辛さがあってグルジアワインにぴったりです♪

グルジアはワイン用葡萄の原産地で、ワイン発祥の地とも言われているところ。
ワインが美味しいから美味しいお料理があるのか、
それとも美味しいお料理があったから美味しいワインが造られるようになったのでしょうか。

最近こちらの大型スーパーでもグルジアワインが売られるようになって嬉しいです。 ^^♪
その中でもよく買うのが「ピロスマニ」
グルジアの人々に愛されている国民的画家ニコ・ピロスマニの名を冠したワインです。

ニコ・ピロスマニは、加藤登紀子が歌って日本でも有名になった
『百万本のバラ』のモデルになった画家。

彼は放浪しながら、いっぱいのワインとひきかえに
レストランや居酒屋の壁に絵を描いていたそうです。

わたしもそんな生活がしたいな~
って絵は描けないですけど ^^




f0318154_14010118.png










by chaika-imperial | 2015-03-20 15:32 | グルジア料理